2016年11月の記事 (1/4)

    11/30 気になったニュース・ブログ2

    共同通信
    YOSHIKIさん、政府に提言 クールJ発信継続を

     ロックバンド「X JAPAN」のYOSHIKIさんは30日、自民党本部で日本の音楽やアニメを海外に発信する政府のクールジャパン戦略に関し「次から次へとやっていくべきだ」と述べ、継続的な発信が重要だと強調した。自民党の「クールジャパン戦略推進特命委員会」に出席後、報道陣に語った。

     YOSHIKIさんは「点で物事は起こっているが、それを線にしていかなくてはいけない」と指摘した上で「X JAPANが1公演やったくらいでは世の中は変わらない。何回も何回もやれば広まる」とも語った。

     海外への発信には「ブランディングが大事だ」と話した。


    「点と線」 松本清張の代表作のタイトルにもなっている有名な言葉です。
    最近は、小説家気取りのなんちゃって保守な人が
    この言葉を多用しているのを何度も見ていて
    「豚に真珠」状態でウンザリしていたのですが
    YOSHIKI氏が使うと言葉の意味もわかるし、重みもあって大納得の内容です。
    国民全体でこの動きを盛り上げていくべきですね。
    スポンサーサイト

    11/30 気になったニュース・ブログ

    時事ドットコム
    アコーディア、非公開化へ=投資ファンドが1500億円で買収

     投資ファンドのMBKパートナーズ(東京)は29日、東証1部上場でゴルフ場運営のアコーディア・ゴルフの全株買収を目指し、TOB(株式公開買い付け)を実施すると発表した。負債も含め買収総額は約1500億円。株式の非公開化により、これまで積極的な株主還元に充てていた現預金を企業価値向上を狙った新規投資などに振り向ける。

    MBKパートナーズは南朝鮮の投資ファンドでコメダ珈琲やUSJを買収。
    USJのビジネスモデルは自分たちが作ったと言い、再上場で大儲けですね。
    東亜日報:M&A業界に急浮上したMBK、次々と大型企業買収に参加
    「コメダ珈琲店」をMBKが買収 国内1000店体制急ぐ
    USJ、本気のディズニーL撃墜計画始動…異常な安値買収の真相、外資株主は巨額利益
    アコーディアは業界第1位。2位のPGMはパチンコ企業の子会社です。(ため息)

    11/29 気になったニュース・ブログ5

    zakzak 夕刊フジ
    配偶者控除めぐる政府の暗闘…財務省の廃止路線から大転換 民進党は増税応援の別動隊か

     所得税の配偶者控除をめぐっては、「廃止」の方向から「収入の上限引き上げ」へと議論が移った。この間の財務省と安倍晋三政権の思惑、そして廃止見送りを批判する民進党の立場について考えてみよう。

     配偶者控除の見直しについて、自民党税制調査会は、控除の存続を前提として、控除を受けられる配偶者の収入の上限の調整を行う方向で議論を進めた。

     配偶者控除とは、専業主婦やパートなど収入が一定額以下の配偶者がいる家庭で所得税や住民税が軽減される制度だ。妻の年収が103万円以下であれば、所得税は38万円、住民税は33万円を世帯主の課税所得から引かれる。このため、控除の対象外になることを心配して、「103万円の壁」といわれるように、女性が働く時間を自ら制限してしまう。

     実際には、妻の年収が103万円を超えたとたんに、配偶者控除が適用されなくなるわけでない。103万円から141万円以下の場合には、配偶者特別控除が適用され、段階的に控除を受けられる(ただし、夫の所得が1000万円以上ある場合には適用にならない)。

     ただ、こうした制度の下で、家計全体として夫婦で税金を払った後の可処分所得は、妻の年収が130万円から150万円くらいの範囲だと、家計全体での年収は増えるのに手取りの可処分所得が少なくなってしまう恐れがある。

     政府では、妻の年収要件を150万円とし、これまで適用上限がなかった夫の年収について、1120万円を超えると控除が徐々に減らす方向で調整しているようだ。

     9月初めの本コラムでは、「自民党の税調や財務省は、配偶者控除を見直し、『夫婦控除』とする案などを検討する方針」と報じられていたことについて、女性の社会進出を助けるという名目での財務省の増税指向を問題視し、「夫婦控除」については「課税中立を目指す欧米での家族課税から個人課税への方向と逆行する」とも批判した。そのコラムでの筆者の結論は、「配偶者控除を存続したうえで控除上限を引き上げる」というものだった。

     世論の多くも、女性の社会進出を大義名分とした配偶者控除の廃止、つまり増税はおかしいと直感的に感じたのだろう。安倍政権は、配偶者控除の廃止から存続へと大きく舵を切った。

     だが、配偶者控除廃止を主張していた識者やマスコミは少なくない。はっきりいえば、そうした人たちの多くは、財務省の応援団であったが、赤っ恥をかいてしまったのはお気の毒だ。

     財務省の悲願である配偶者控除廃止の方針を安倍政権が取りやめる、つまり配偶者控除存続の動きは少し前から予兆があった。それと前後して、民進党は安倍政権の動きを批判することで結果的に財務省の味方をしてきた。財務省と近い野田佳彦幹事長の意向が強いのだろうか。こんなことが続くなら、民進党は財務省の別動隊といわれても仕方がない。 
    (元内閣参事官・嘉悦大教授、高橋洋一)


    このニュースは車の中のラジオで聞いたのですが、「配偶者控除ってなくなるんちゃうの?」というのが
    率直な感想で、それがどうして現状よりも上限枠が広がるという話になったのか
    訳が分からなくて???が飛び交っていました。

    結局、いつものマスコミの願望報道で、財務省が要望していた「配偶者控除廃止」を
    飛ばしてただけだったんですね。
    そして、そのニュースを聞いた世論が「女性の社会進出で配偶者控除廃止=増税」っておかしいやん!
    と言い出して、安倍政権は廃止から存続へ大きく舵を切ったという事なんですね。
    ようやくわかりました!(笑)
    とにかく、安倍政権としては、現状よりも上限枠を広げて、妻の年収を103万→150万とし
    それ以降は夫の年収に合わせて控除が受けられるようにする事で案が固まったようです。

    財務省の思惑は崩れて、財務省の味方だったマスコミや識者は飛ばし報道で赤っ恥かいたね。
    安倍政権の言う事に何でも反対の民進は、財務省応援の別動隊って言われちゃうよ
    という高橋先生からのありがたい忠告ですね。

    11/29 気になったニュース・ブログ4

    zakzak 夕刊フジ
    中国産が約9割…伊勢の団体、神事用の大麻栽培を申請「伝統を守れるように」

     神事に使う国産大麻の生産に向け、三重県の神社関係者らでつくる同県伊勢市の「伊勢麻振興協会」は28日、大麻栽培の許可を初めて県に申請した。

     栽培は、大麻取締法により、県の審査を受けて免許を取得することが必要。県によると、記録の残る中で、これまで許可した例はないという。

     協会によると、大麻の茎から取った繊維を加工し、神事の祭具やしめ縄に使う。近年は中国産が約9割を占め、国内の農家は減少。現在は栃木県の13軒が国産のほとんどを担っている。

     同協会理事で皇学館大の新田均教授は「大麻関係の逮捕者が出ているが、われわれは法規に従って、伝統を守れるようにしたい」と話している。申請が認められれば、来年4月から伊勢市内の山中で、麻薬の成分をほとんど含まない品種を栽培。協会が生産や販売などを管理する。


    毎年、左義長の前に注連縄を燃える素材と燃えない素材に分解するのですが
    いつも思うのが、今の注連縄は針金で括ってあるけど、昔は何で括っていたのだろうという事でした。
    糸か水引かなと思ったりもしていたのですが、今年になって麻が神事のお飾りに用いられていた事を知り
    麻紐か編んだ麻で縛られていたのかもしれないと思うようになりました。

    そして、土日に伊勢参りに行って気づいた事は、おはらい町のお店の入り口には
    軒並み注連縄が飾ってあることでした。おはらい町だけなのかなと思ってたら
    二見に行っても河崎商人館界隈に行っても同じで、普通の民家の玄関にも飾ってありました。
    やはり、伊勢は神宮の街なんですね。

    今年は麻薬としての大麻のニュースが多くてうんざりしていてたところに
    昨日今日もASKAのニュースで「またかぁ・・・」と思っていたのですが
    神宮の街伊勢から神事に使う国産大麻の生産許可申請のニュースを見て
    先日訪れたばかりなせいもあって、何か心洗われる気がしました。

    そう言えば、以前から総理夫人の安倍昭恵さんが大麻に言及されている話題も出てましたね。

    日刊SPA! 2015.12.08

    安倍昭恵首相夫人「日本古来の『大麻文化』を取り戻したい」
     以前から、日本の伝統産業の復活に精力的だった安倍昭恵首相夫人。これまでもコメづくり、酒づくり、会津木綿や柳井縞の農作業着づくりなどにチャレンジしてきた。そして今、縄文時代から続いている日本の大麻づくりにも強い関心を持っているのだという。

    「今年の6月、プライベートで鳥取県智頭(ちづ)町を訪れたんです。智頭町では、伝統的な大麻の栽培を復活させることで過疎化・高齢化対策、町おこしに繋げているということを知り、興味を持ちました」(安倍昭恵首相夫人)


    週刊文春WEB 2016.11.01

     安倍昭恵首相夫人(54)が「週刊文春」の取材に応じ、大麻についての見解を語った。 

    「私自身、大麻自体を悪いと思っていません。吸引に関しては、法を犯してはいけない。ただ私も山口県で(栽培の)免許を取りたいと思っていました。産業用は毒性がほとんどない。元々麻は自生していた植物なのに、なんでここまで取り締まるんだろうと思っています。トリカブトだってそこら辺に生えているのに」


    リテラ 2016011.01

     昨日発売の「週刊現代」(講談社)11月12日号のトップ特集に小池百合子氏と安倍昭恵氏の対談記事が掲載されていた。

     いま、一番注目を集めている政治家である小池都知事と、その小池氏とは関係が微妙ともいわれる安倍首相の夫人で、何かとお騒がせのアッキーの対談。いったいどんな展開になるのか、と興味津々で読んでみたら、アッキーがなんとこんな衝撃発言をしていたのだ。

    「いまは大麻に興味があるんです」

     これは小池都知事の「立場に縛られない、のびのびした雰囲気は素敵ですね。次は何が飛び出すのか楽しみです」というヨイショを受けての発言だったが、
    小池都知事もさすがに「大麻!?」と驚いた様子。しかしアッキーはそのまま大麻に関する持論をこう展開したのだ。

    「もちろん吸うわけではありません。ひとつは医療用。もうひとつは「祈祷用」。現在神道の祈祷で使われる麻は、ほとんどが中国製ですが、日本古来の神とつながる精神性を得るためには、日本製の麻を使う必要があると思うんです。「日本を取り戻す」ことは「大麻を取り戻す」ことだと思っています」


    麻薬取締関連のニュースが多くなることを見越しての総理夫人の動きだったのかもしれませんね。
    学校の社会科の時間にも習いましたよ。縄文時代から麻で織物を作っていたと。
    でも大麻が縄文時代の昔から神事に使われていたのは最近まで知らなかったです。
    正しい伝統の知識も取り戻し、普及させていきたいですね。

    11/29 気になったニュース・ブログ3

    今日はなぜか紹介したいニュースが山盛りです・・・。

    zakzak 夕刊フジ
    【ドキュメント永田町】安倍首相・トランプ氏の会談内容が漏れないワケ 難クセ蓮舫氏に致命的欠陥

     安倍晋三首相と、ドナルド・トランプ次期米大統領の電撃会談(17日=日本時間18日)が、いまだに世界の話題となっている。トランプ氏がつくり出す新しい日米関係は、今後4年間の世界経済や外交・安全保障の潮流を大きく左右するからだ。他国や野党が揺さぶりをかけるなか、安倍、トランプ両氏はなぜ沈黙を貫くのか。民進党の蓮舫代表の致命的失敗とは。安倍首相と官邸中枢の実像に迫ったノンフィクション『総理』(幻冬舎)がベストセラーになっている、ジャーナリストの山口敬之氏による渾身リポート第1弾。

    【記事本文はこちら】 4ページ分ありますが、読み応えのある内容です。

    ■山口敬之(やまぐち・のりゆき) ジャーナリスト。1966年、東京都生まれ。90年に慶応大学卒業後、TBSに入社。報道局に配属され、ロンドン支局、社会部、政治部、報道特集プロデューサー、ワシントン支局長などを歴任。米公文書館で発見した機密文書をもとに、2015年3月、週刊文春で発表した、ベトナム戦争当時の韓国軍慰安所の調査報道が高い評価を受ける。16年5月に退社。フリージャーナリストとして活躍。著書に『総理』(幻冬舎)など。


    ---------------------------------------
    元TBSワシントン支局長の山口氏と言えば、
    ご自分の信念を貫いたジャーナリストとして有名な方ですね。
    2015年4月当時の山口氏の事を同じ夕刊フジが記事に書いています。

    TBS支局長“左遷”のナゼ 『文春』で「韓国軍慰安所」スクープ 2015.04.26

     韓国軍がベトナム戦争中にサイゴン(現ホーチミン)に「慰安所」を設けていた-とするスクープ記事を「週刊文春」に掲載したTBSの山口敬之ワシントン支局長が、同社から15日間の出勤停止処分を受け、営業局ローカルタイム営業部への異動を内示されていたことが25日、分かった。関係者の間では、取材の成果を他社の媒体に発表したため左遷されたという見方も広がっている。

     記事は3月26日発売の文春に掲載された。山口氏が米国内で発見した公文書に「韓国軍による韓国兵専用の慰安所」の存在が明示されていたとする内容で、これを裏づける元米軍海兵隊幹部の証言も盛り込まれている。

     朝日新聞が大誤報を認めたことで、日本の慰安婦問題の核心である「強制連行」の根拠は崩壊したが、いまだに韓国は筋違いな「解決」を求め続けている。韓国軍の慰安所の存在が明らかになれば、これまでの日本への批判は天に唾するものだったことが白日の下にさらされることになる。

     まさに「意義あるリポート」(ジャーナリストの室谷克実氏)といえるが、これだけの歴史的スクープをなぜ自社で報道しなかったのか。そして、なぜスクープを物にした有望社員が突然、異動の憂き目にあったのか。

     TBS関係者は「ローカルタイム営業部というのは関東ローカルの番組を扱う部署で、花形とは言いがたい。門外漢である記者、しかも海外支局長クラスを送り込むというのは、嫌がらせとしか思えない」と述べ、今回の異動が出勤停止処分と併せた事実上の左遷であるとの見方を示す。

     TBS広報部は、夕刊フジの取材に「人事についての詳細は公表しておらず、お答えできない」としているが、憶測は広がるばかりだ。



    そして、その後の事をJ-castが取り上げています。

    韓国軍のベトナム慰安所報道で処分、
    「左遷」 TBS山口敬之ワシントン支局長に激励の声相次ぐ 2015/4/28 20:02
     より

    ■山口氏「寄稿に至る手続きが問題とされた」

    夕刊フジが4月26日になって、この情報を大きく取り上げ、ネット上でも騒ぎが大きくなった。

    その記事によると、山口敬之氏は、TBSから15日間の出勤停止処分を受け、営業局のローカルタイム営業部への異動を内示された。その理由について、「関係者の間では、取材の成果を他社の媒体に発表したため左遷されたという見方も広がっている」と伝えた。

    これに対し、山口氏はフェイスブックで、報道で問い合わせが多かったとして自ら説明した。そこでは、4月23日付でワシントン支局長の任を解かれ、営業局への異動を命じられたのは事実だと認めた。また、懲戒処分もあったとした。その理由としては、「週刊文春への寄稿内容ではなく、寄稿に至る手続きが問題とされました」と明かした。そして、「見解の相違はありますが、今回の懲戒処分がTBSの報道姿勢に直接リンクするものではない」と言っている。

    フェイスブックでは、そもそもなぜTBSが報じなかったのかとさらに質問があったが、山口氏は、「会社が私の取材成果を報道しなかった真意は、私にはわからない」と繰り返した。ただ、「事実は揺るぎなく、世に知らしむべきニュースと考えて公表に踏み切りました」と説明している。

    韓国の主要メディアはほとんど記事を取り上げていないが、日刊紙「ハンギョレ新聞」だけは、「腹立たしいが、反論は困難...」だとして政府次元の解決努力を促している。山口さんは、その報道を取り上げ、専門家などからも「裏付けが必要」との指摘は出ていないとしており、自らの取材に自信を持っているようだ。

    ネット上では、山口氏について、賞賛や激励が相次ぎ、フェイスブックには1日足らずで1100を越える「いいね」が付いたほどだ。TBSに対しては、「この処分自体は当然のこと」と理解する向きも一部であるものの、「報道しない自由っていうやつか」「政府の圧力は散々批判してるのに、自分等がやってる矛盾」といった批判や疑問が続出している。

    TBSの広報部では、J-CASTニュースの取材に対し、「人事の詳細については、お答えしておりません」とだけコメントした。

    11/29 気になったニュース・ブログ2

    産経ニュース
    椎名林檎さんが自民党で講演 東京五輪へ提言 アーティスト来訪ラッシュ

     歌手の椎名林檎(りんご)さんが28日、自民党文化伝統調査会(山谷えり子会長)が党本部で開いた「『文化立国』日本を世界に発信」をテーマにした会議に出席した。出席者によると、椎名さんは2020年東京五輪に向け「何度でも訪れたい国にする必要がある」との提言を行ったという。

     椎名さんはリオ五輪閉会式で東京を紹介するイベントの音楽監督を務めた。会議では五輪関連のイベントを活用した日本文化の一層の振興と対外発信を図ることを求める決議も行った。

     自民党本部では30日のクールジャパン戦略推進特命委員会でロックバンド「X JAPAN」のYOSHIKIさんが日本人アーティストの海外戦略について話す予定。ヒット映画「シン・ゴジラ」の庵野秀明総監督も16日の特命委に出席しており、文化人を招いたイベントが相次いでいる。


    まだ記憶に新しいリオオリンピック閉会式でのトーキョーショー。とても良かったですね。
    https://www.youtube.com/watch?v=sk6uU8gb8PA

    パラリンピック閉会式でのショーはこちら。これも凄かったです。
    ご覧になってない方は是非!↓ 13分程です。
    https://www.youtube.com/watch?v=G02DomEfdKU

    オリンピック・パラリンピックは日本文化をアピールする絶好の機会でもありますし
    リオで存分に日本らしさを演出した林檎姐さんの意気込みや信念は、尊敬にも値すると思います。
    政治家が、芸能、芸術、音楽といった枠を超えた「エンターテイメント」をより理解する事は
    日本文化の伝統を守りながら、育成や更なる発展、発信をしていく事に繋がると思うので
    こういった取り組みは今後も続けて欲しいですね。
    そしてこの動きが、芸能界浄化へと繋がっていく事を期待しています。

    芸能界浄化の観点から見ると

    ジャパニズム34  – 2016/12/10
    くたばれパヨク! 日本は必ず再生する! 3代目余命×千葉麗子

    くたばれパヨク!  – 2016/12/10
    〈目次〉
    第1章 芸能界とパヨク
    第2章 教育とパヨク
    第3章 若者とパヨク
    第4章 チバレイ式、日本再生への処方箋
    特別対談 桜井誠×千葉麗子
    日本第一! 若者達の未来に光を!


    元電脳アイドル千葉麗子氏の、↑こういった動きは出版界からの
    浄化アプローチと言えるのかもしれませんね。

    11/29 気になったニュース・ブログ

    せと弘幸BLOG『日本よ何処へ』
    大和証券、しばき隊幹部の役職を解任
    「チャンシマ」がダイレクト企画部長であることはほぼ確定

    昨日28日に大和証券の役員異動の文章が拡散され、チャンシマが解任になったようだ
    とのことです。

    名古屋での講演会が終わり、懇親会の席で大和証券の元OBの方から次のような事を聞きました。 
    ☆本社の部長は将来役員候補であり、今正体を明らかにして今回の責任追求を怠ると大変なことになる。
    ☆大和証券に男組などに関わってきた人間が役員になるなどは、会社にとってこれほどの汚点はない。
    ☆ただ、自分で辞任すればいいが、今回の事でクビに出来るかは別問題であり、昔から赤旗を購読していた社員もいたし、思想信条の自由は認められている。
    以上
     なかなか難しいと思われたが、今回大和証券は英断下した。これは当然の事ではあるが追い詰められた結果とも思える。なぜ、昨日だったのかも含めてお話したい。
     実は「日本第一党」の桜井党首自らが大和証券本社に乗り込み、糾弾するのではないかとの情報が飛び交っていました。その期日を私は知りませんでしたが、他の情報を重ねるとその前に、何らかの処分をしなければと思ったようです。
     対応を迫られていたし、それにはもう時間がなかった。多くの人々が大和証券前で真相を求めて声を上げるとなれば、これは大きな話題になるのは必然であり、大和側もその前に何らかの処分に迫られたと思います。
     ただ、この問題はこの自称インテリヤクザこと嶋田眞人が部長解任だけなのか?それとも大和証券の社員も解雇となったのか?それはまだ分かりません。
     大和証券に勤務を続けるならば、ツイッターで数々の暴言・誹謗中傷で名誉毀損をしており、訴えられることは確実です。


    さすが、瀬戸さんですね。人脈も広くより確かな情報に基づいて考察されています。
    そして抗議活動が12/1(木)に行われるようですね。
    「役職解任でお茶を濁す」なんて、考えが甘いですよ。

    Doronpaの独り言 より
    12・1 チャンシマ事件を許すな! 大和証券のコンプライアンス問題を問い質す!

    反社会的暴力集団男組幹部がいる証券会社!?
    これまで暴力で自由を脅かしてきた極悪非道の男組組員を叩き出せ!

    大和証券ダイレクト企画部部長が男組組員だったことが判明しました。確かに我が国は自由の国ですから、彼らがどのような思想を持つかは個人の自由です。しかし、男組を自称する暴力集団(自称山建組組員、現在前科三犯、三件の罪で起訴中、別件二件の容疑で再逮捕中の高橋直輝こと添田充啓43歳が組長を務め、該当するチャンシマなる人物は男組関東本部長)は再三にわたって行動する保守運動に対し実力行使をもって妨害を行い、逮捕者続出中となっています。このような暴力集団、犯罪組織に籍を置く人物を雇いながら、コンプライアンスを謳い反社会的勢力と手を握ることが正しいのかどうかを大和証券側に尋ねたいと思います。
    【日時】
    平成28年12月1日(木) 12:00から
    【場所】
    東京駅 八重洲中央口直ぐ
    グランド トウキョー ノースタワービル前
    ※ 警察の街宣ブースが出来ています
    【生中継】
    ツイキャスにて12:00より生放送予定
    http://twitcasting.tv/doronpa01/
    【主催】
    行動する保守運動
    【現場責任者】
    桜井誠
    【注意事項】
    雨天決行
    日章旗・旭日旗・Z旗歓迎
    プラカードなど各自でご用意下さい
    撮影が入るため、顔を写されたくない方はサングラスなどご持参下さい
    活動中の全ての行動・発言は自己責任とし、自覚を持って行動して頂きますようお願いします
    現場責任者の指示に必ず従って下さい


    場所は↑この案内では明記されていませんが「大和証券本社前」です!
    平日の東京駅前ビジネス街のお昼休みにスタートなんですね。
    大和証券は民団との繋がりも噂されています。
    TV局は外患罪で告発されてますよね。ワイドショーやニュースで放送するかな?

    11/28 気になったニュース・ブログ

    共同通信
    【特集】「戦後」縛る占領体制(1) GHQ、検閲で日本人改造
    【特集】「戦後」縛る占領体制(2) 歴史奪う「焚書」
    ま)共同通信が産経かと思う様な記事を書いています。ビックリしました。
    アリバイ作りを始めたのか、共同通信の中の人ががんばったのか・・・。
    共同通信は外患罪で告発されてはいないのですが
    軒並み新聞社やTV局が告発されているのを知っているでしょうしね。

    産経WEST
    沖縄沖で韓国漁船拿捕、船長を逮捕 日本の排他的経済水域内で無許可操業の疑い
    ま)最近は警視庁や海上保安庁ではなく、厚生労働省、水産庁など、
    一見、強制捜査や逮捕などとは関係無さそうなところががんばっていますね。
    27日にも対馬沖で韓国漁船の船長を現行犯逮捕しています。
    今後どうなるのか、推移を注視していきたいです。

    zakzak 夕刊フジ
    日米中国経済包囲網 日本、関税「特恵」から除外 米は「市場経済国」認めず
    【記事より抜粋】
     中国の習近平国家主席による経済覇権戦略が破綻寸前だ。財務省は新興国への「特恵関税制度」の基準を見直し、中国などを対象から除外する方針で、中国製品1000~2000品目の関税が上がりそうだ。トランプ次期米国大統領も中国製品への関税大幅引き上げを打ち出しているほか、オバマ現政権も中国を世界貿易機関(WTO)協定上の「市場経済国」としての認定を見送る。
     トランプ氏がTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)からの脱退を宣言し、中国包囲網が崩れるかに思われたが、習政権にとってはぬか喜びに終わりそうだ。

    ま)中国包囲網はTPPがなくてもEUも協調して進みそうですね。
    TPPに関しては日本が参加するならと入った国もあるくらいなので
    アメリカ抜きで先に始めて、日本主導でしっかりと良い結果を出してから
    アメリカが後から入るという形でもいいんじゃないかと思います。
    トランプ氏はTPPはやらないというのが公約でしたから
    調整は2年以上は必要じゃないでしょうかね。

    ※土日は伊勢参りに行ってました。土曜日は良いお天気に恵まれ
    日曜日も現地で行動していた間は雨も降らず、感謝感謝です。
    半蔵がネットで手に入らないので、現地調達してきました!

    パリ協定に異を唱えるマイケル・ヨン氏

    Michael Yon JP
    Trump: The U.S. and Climate Change トランプ:米国と気候変動
    【記事より】 主に後半を抜粋
     私はたまたま地球温暖化が巨大な富と政治権力の再分配のために利用されていることを知りました。この件に関して私は100%確証があります。
     カトマンズで開催されたゴーバルガスのカンファレンスでそのことに気付きました。参加者は皆ゴーバルガス生成機についての話ではなく、どうやってカーボンクレジットを売って買うかの議論に夢中でした。まったく本末転倒でした。
     少し考えてみましょう。彼らは西側の援助がなければありえなかったであろう何かの代償としてカーボンクレジットを獲得する議論に多くの時間を費やしていて、肝心のゴーバルガス生成ユニットを設置する事についてはほとんど議論しませんでした。私自身、非常にがっかりしました。
     あからさまにカーボンクレジットのことを話すばかりでした。どうやったらお金を稼ぐことができるか計算していたのです。母なる地球を救う事やゴーバルガス生成ユニットを設置する事には目もくれずに。
     彼らはゴーバルガス生成ユニットの設置を遅らせることによって、カーボンクレジットからの収入が黒字に(あるいは赤字に)なる曲線データの交点を描いてさえいました。非常に不快でした。
    ゴーバルガス生成ユニットの設置に議論を集中すべきだったのに。
     このことをきっかけとして私が学び後に確信に変わったことは、どんな国であっても我々にカーボンクレジットを課そうとしている国は我々に真の助けなど求めていないということです。
     カーボンクレジットにより巨額の資金と政治権力を得ようとする大詐欺師たちによって地球気候変動への人間の関与に関する真実あるいは欺瞞の解明はめちゃくちゃにされ不明瞭なものとなってしまいました。
    -------------
    カーボンクレジット=炭素排出権
    排出取引 wikiより
    各国家や各企業ごとに温室効果ガスの排出枠(キャップ)を定め、排出枠が余った国や企業と、排出枠を超えて排出してしまった国や企業との間で取引(トレード)する制度である。排出権取引、排出量取引ともいう。京都議定書の第17条に規定されており、温室効果ガスの削減を補完する京都メカニズム(柔軟性措置)の1つ。
    -------------
      強欲さは真実を見いだしそれを人々に伝えることとは正反対の効果を与えます。
     地球温暖化の話が出るたびに米国に非難が集中し、全ての国が(米国を含め)、なぜ米国が最も罪の重いパートナーなのかについての理由を探しだしてきて、その弁済させようとしているように思えます。
     中国が有害物質やグリーンハウスガスを毎秒1トンも垂れ流しているなどと言えば「それはアメリカ人が中国に工場を建てて製品を作り、それを買っているからだ」との意見が返ってきます。それについては議論の余地はありません。もちろん同様に製品を購入している米国以外の国々にもあてはまることではあります。
     しかしながら我々がいつも言われるのは「我々は未だ先進国のように発達していない。だから先進国のあなたたちがカーボンクレジットの代償を支払っている間、我々は煤煙を出して地球を汚していても良いのだ」といった類の話です。
     要するに彼らは気候変動について話をしているのではなく、成功し働いている人々の国から道路や橋の建設が困難な国々へと富と力の再分配をしようとしているだけなのです。
     事実とは ― 地球温暖化は現実でしょう。曖昧ではありますが、主たる原因が人類であるというのも確からしいことです。そのことで多くの人々がアメリカを名指しで批判しています。
     中国はこれに関して全くのペテン師です。断言します、もしもモルジブが珊瑚礁になっても中国は瞬きすらしないでしょう。
     地球温暖化は先進国の金をかすめ取るための巨大な詐欺話になりつつあります。我々はこれを食い止めなければならない。
     テーブルの上にあるお金を取り除けば暗闇から真実が表れてくるかもしれないし、モルジブも海に沈んで海底公園にならなくて良くなるかもしれない。
     真実がうやむやにされそうになっているのは、声高に主張している者たちが次の特徴を持っているからです。

    1) 反アメリカ主義、より大きく言うと反先進国主義。
    2) 大金と権力を欲していて貪欲。
     母なる地球のことを心配するよりも、目の前のお金を手にして歩きさる。

    米国はパリ協定にこぶしを振り上げるべきです。
     もしも彼らが母なる地球の心配をしていて資金集めに執着していないのであれば、まずはじめに交渉のテーブルから資金を話を取り除くべきです。
     規則を守らせるための方法は他にもあります。
    【抜粋 ここまで】

    長くなったので私の感想は↓
    [ 続きを読む » ]

    11/24 気になったニュース・ブログ

    時事ドットコム
    信大教授不適切発表「大変遺憾」=子宮頸がんワクチン研究-厚労省
    記事より: 信州大の池田修一教授が、厚生労働省研究班の代表として子宮頸(けい)がんワクチンの副作用に関し不適切な研究結果を公表したとされる問題で、厚労省は24日、「国民に誤解を招いたことについて池田氏の社会的責任は大きく、大変遺憾」との見解をホームページ上に公表した。
     見解は「池田班の研究結果では、接種後に生じた症状がワクチンによって生じたかどうかについては何も証明されていない」としている。
     池田教授は今年3月、自己免疫疾患を生じやすいマウスにワクチンを打つと、子宮頸がんワクチンに対してだけ脳に異常な抗体が見られたなどと発表。しかし研究手法に不正の疑いがあると一部雑誌で指摘された。 
     同大が設置した調査委員会は今月15日、「不正は認められなかった」と結論付ける一方、「予備的段階の実験結果を断定的に記述した」などとして池田教授らに発表内容の修正を要請。浜田州博学長が池田教授ら3人の研究者を厳重注意としていた。

    ま)まとめると
    ①これまで子宮頸がんワクチン接種によって体調不良などを訴える人が続出している
    ②今年3月 信州大池田教授:子宮頸がんワクチンのマウス実験で脳に異常な抗体が見られた
      ⇒手法に不正の疑いが指摘される
    ③11月15日 信州大調査委員会:不正は認められなかった
      ⇒しかし発表内容の修正を要請し厳重注意とした
    ④11月24日 厚生省:池田班の研究結果で、接種後に生じた症状が
      ワクチンによって生じたかどうかについては何も証明されていない。
      国民に誤解を招いたことについて、池田氏の社会的責任は大きく、大変遺憾


    厚生省のお抱え研究者の池田教授の発表が元となっている騒動だけに
    イマイチ釈然としない内容なのですが
    それでも、これまで周囲の意見に流され右往左往していた厚生省が
    池田教授にNOを突き付けた事は大きいと思います。


    産経ニュース
    AV出演だけではもうけ足りず、女優側から派遣申し出?
    女優をソープ嬢として紹介 AVプロ社長ら逮捕

    ま)テレ朝も「女優側から派遣の申し出があったとされる」と報道していましたね。
    現代版慰安婦になり兼ねないので、この手のAV関連ニュースは注視しています。
    反日フェミ弁護士の伊藤和子は、女優側からの申し出があったと記述していない日経の記事を
    リツイートして「いろいろ動き出している」などと言っています。

    産経WEST
    ざこ寝ができる飛行機、関空救世主になるか? NZ航空がエコノミークラスに革新
    ま)はっきり申し上げます。なりません!
    今から10年ほど前、父と一緒に中近東方面に行ったのですが
    ドバイでトランジットするのではなく、直行便だったせいか、飛行機の中はガラガラでした。
    機内食を食べ終わった後で、父が「ワシあっちで寝てくるゎ」と言って席を立ったので
    何をするのかと思えば、空いているシートに横になったのです。
    CAさんも慣れた様子で、父にクッションや毛布を出してくれていました。
    旅慣れている父は「エコノミーでシートが空いている時は、こうする人多いんや」と言ってました。
    NZ航空の機内の画像を見ると一見よさげに見えるのですが
    話題性はあるものの、それだけのために飛行機には乗らないでしょう。