2017年04月の記事 (1/1)

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    北朝鮮有事メモ






    スポンサーサイト

    News U.S.に関して思う事

    余命ブログでもNews U.S.の話題が出ていましたね。
    実は私も余命ブログの事はNews U.S.のコメント欄で知りました。
    2013年でしたでしょうか。まだ初代さんがいらっしゃった時です。

    その頃は、どこからどのように情報を得ればいいのか、まだよくわからなくて
    まとめサイトを頼りにしていました。
    そんな中でNews U.S.も見ていたのだと思います。
    ただ、他のまとめサイトとは少し違うなと思っていました。
    明らかに変だなと思ったのは、やはり、北朝鮮問題を扱っていないというのがわかった時ですね。

    「北朝鮮に触れないサイトがあってもいいじゃないか」という意見もあるようですが
    思考を止める方向へと誘導する意見だと思いますね。
    「有益な情報があればいい、見る人が判断すればいい」という意見もあります。
    これも的を得ているようで、そうではないと思います。
    背景を考えることは必要です。

    余命三年時事日記
    1604 2017/04/05アラカルト2

    .....営利個人ブログだし、プロバイダーもあっち系のまとめブログだから、いろいろとハンデがある。コメント欄に特徴があって、まあまあ頑張っているなと思うがね。

    余命ブログは言論ブログではなく、目的ブログです。
    余命さんのコメントと、News U.S.関連の投稿を掲載されている事を
    よく考えてみる必要があると思います。

    北朝鮮は利用できるものは同胞でも利用し、現在のトップは、自分が気に入らなければ
    身内であっても、残酷な処刑も平然とやってのける人物だという事を、忘れてはならないと思います。
    そして、人工衛星から見た半島の夜景は、一体何を物語っているのでしょうか。

    北朝鮮ミサイルメモ

    産経ニュース
    北朝鮮の弾道ミサイルはEEZ外の日本海に落下 菅義偉官房長官「断じて容認できず」

     菅義偉官房長官は5日午前、北朝鮮東岸から同日午前6時42分ごろ、弾道ミサイル1発が発射され、数十キロ飛翔し、日本の排他的経済水域(EEZ)外の日本海に落下したと発表した。船舶や航空機への被害は確認されていない。菅氏は「航空機や船舶の安全確保の観点から極めて問題のある行為であるとともに、安保理決議への明白な違反だ。北朝鮮による度重なる挑発行為を断じて容認できない」と非難し、北朝鮮に厳重に抗議したことを明かした。

     安倍晋三首相はミサイル発射を受け、▽情報収集・分析と国民への迅速・的確な情報提供▽航空機、船舶の安全確認徹底▽不測の事態に備えた万全の態勢-を指示した。政府は官邸危機管理センターに設置している官邸対策室で情報収集に当たる一方、関係省庁の局長級会議を開催し対応を協議した。


    産経ニュース
    北朝鮮が飛翔体発射 弾道ミサイルか 韓国軍が分析

     【ソウル=桜井紀雄】韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮は5日午前6時40分ごろ、東部、咸鏡南道(ハムギョンナムド)・新浦(シンポ)付近から飛翔(ひしょう)体1発を発射した。約60キロ飛行した。韓国軍は、弾道ミサイルとみて分析を進めている。

     北朝鮮は、韓国周辺で実施中の米韓合同軍事演習に強く反発しており、演習に対する対抗措置とみられる。6日から米国で行われるトランプ大統領と中国の習近平国家主席の初の首脳会談を牽制(けんせい)する狙いもありそうだ。

     新浦は、潜水艦の建設拠点として知られ、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の試射が行われてきた。今回はSLBMではないもよう。

     北朝鮮は3月22日に東部、元山(ウォンサン)付近から「ムスダン」級とみられる中距離弾道ミサイルを発射したが、失敗。同月6日には、北東部の東倉里(トンチャンリ)付近からスカッドERとみられる弾道ミサイル4発を発射し、うち3発を日本の排他的経済水域(EEZ)内に着弾させていた。







    雑感

    ニュースがほとんど入って来ない生活を2,3日でもすると
    元の生活に戻った時に情報整理で、てんやわんやしてしまいますね。

    そして、ほとんど情報が入って来なかった数日間
    私はたまたま運良く無事に過ごせただけかも知れないとも思いました。
    夜バズで青山さん山口さんが北朝鮮の脅威をかなり切実に語っておられましたね。
    昨夜、youtubeで眠い目を擦りながら見ていたのですが
    やはり、今日はもう消されてしまいました。
    いつ北朝鮮からミサイルがぶっ飛んできてもおかしくない状況なのですよね。
    そして渡邊哲也さんも北の脅威に関してツイートされていました。

    先日、Jアラートが現代版空襲警報で現代版防空壕はどうなるんだろうと
    ブログに書いたら、その答えを青山さんが仰っていました。
    地下鉄、地下街を核シェルターの代わりに使うとのこと。
    そんなのやったって、核なんかに対応できるのかって思う人もいるかもしれませんが
    何もやらないよりずっと生き延びる確率は上がります。

    私の住んでる地域は地下鉄も地下街もない田舎なので
    逆に狙われる確率は低いかなと思うのですが
    北のミサイルはポンコツだし、都心を狙ったつもりが田舎に飛んでくる可能性もあるので
    もしミサイルが飛んで来たらどうしようか・・・と具体的に考えたりもしています。

    もしかしたら、韓国の大統領選挙が行われるまでの
    ここ1か月が色々と動く時期かも知れないですね。
    駐韓国大使も戻されることになりました。邦人退避の為ですね。
    もう、こんな時期に半島や中国に旅行なんか行ったら本当にダメです。
    仕事で行ってる人やその家族も自主的に日本に帰ってきてください。

    韓国の大統領が親北派になってしまったら
    これまで効いていた抑止力が効かなくなってしまうとの事。
    だから、抑止力が効いているうちに出来る事はやっておく。
    韓国からの邦人退避も出来る事の内の一つですね。

    サンクトペテルブルグの地下鉄爆破もISを使った
    プーチンさんへの脅しですね。
    この辺りは今後、馬渕さんがお話されるのではないかと思います。

    私のブログをご覧いただいているみなさんも
    おそらく、私が追いかけている方々の言論はご覧になっていると思うのですが
    仰ってる事が現実になっていますよね。
    最初はエーッと思う事でも、暫くしたらその通りになっている。
    なんだか余命さんと同じようになってきているような気がします・・・。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。