スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    目良浩一率いるGAHT-US 闘う

    産経ニュース
    グレンデール慰安婦訴訟で上告状を提出 「米裁判所が公正かを示すモデルケース」と原告側

     【ワシントン=加納宏幸】米カリフォルニア州の日系住民らで作るNPO法人「歴史の真実を求める世界連合会(GAHT)」は10日、同州グレンデール市に設置された慰安婦像の撤去を市に求めていた訴訟で連邦最高裁に上告状を提出した。訴えは8月に連邦高裁で退けられていた。

     首都ワシントンの連邦最高裁を訪れたGAHTの目良(めら)浩一代表は10日、訴えについて「米国の裁判所がどれだけ公正に法律の規則に従って判断するかのモデルケースになる」とし、最高裁への期待を表明した。

     また、韓国・釜山の日本総領事館前の慰安婦像設置に対して日本政府が取った駐韓大使の一時帰国などの対抗措置に関し、「やっと日本政府が積極的な検討を始めた。もっと早くすべきだった」と述べた。


    先日お伝えした山本優美子氏の記事の中でも、目良氏について書かれていました。
    山本優美子のなでしこアクション(8)
    そして、目良氏が保守のキーマンであるという事も、以前からお伝えしていました。
    保守の連携
    慰安婦像撤去訴訟で日系団体が敗訴 米グレンデール相手 「自費で裁判継続」と声明

    じゃあのさんのツイッターも再掲します
    目良氏は、政府の南朝鮮に対しての検討をもっと早くすべきだったと言っていますが
    おそらく、これは立場上での言葉でしょうね。
    私感ですが、全て繋がっていたようにも思います。

    アメリカでの慰安婦問題に絡む中韓の無謀な振舞は、到底許されるはずもないですし
    国連での中韓の歴史問題などに対する日本の無防備さも、見過ごす事などできませんでした。
    これらに対して敢然と立ち向かって行かれたのが、目良氏をはじめとする方々です。
    日本政府が具体的に動かない中での闘いは、とても厳しく辛いものだったと思います。
    でも、2017年となった今、これからが本番だと思います。
    日本ではX-dayは1月20日。アメリカでは一足早く戦闘開始のゴングが鳴りました。

    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント

    管理者のみに表示

    トラックバック

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。