スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ニュースの裏側を見る

    タイトルに関して
    自分で勝手に裏側だと思ってるだけなのかも知れないのですが(笑)

    今のアパ関連の騒ぎを見ていても、支那の目的に言及している人って少ないですよね。
    今、正に、支那の思う壺にはまってしまってると思うのです。
    ■アパが日本側の歴史認識の立場で書いた本を置いている
    →冬季アジア大会組織委員会が本を撤去するように要請したとかしないとか
    →北海道知事も相手国に配慮した発言をしてるとか
    →これらの対応が正しいとか正しくないとか妥当性があるとかないとか

    ネットの普及で国民が騙されなくなってきているので
    NHKなどのメディアのウソがバレるようになっています。
    有志の方がメディアや関係団体に確認を取っておられるなど
    積極的な行動は評価されるべきです。

    しかし、そもそも、我が国には言論の自由があるにも関わらず
    支那が口出ししているのがおかしいのです。
    それをすっ飛ばしておかしな報道をしているメディアも変ですし
    一連の報道による各団体の行動をいろいろ論じてる側も
    灯台元暗し的なところがあると思いますね。
    問題点のすり替えのようにも思います。

    -------------------------------------

    ネオコンについて
    ポリコレに続いて何やら聞きなれない言葉が登場してきました。
    でも、調べてみると随分前からあった言葉なんですね。
    昨日ご紹介した馬渕さんの質疑応答でも
    「ネオコンが現状変革勢力、リスクである。」なんておっしゃっていました。
    でも、ネオコンというものを随分肯定的に捉えている報道もあります。
    反対にネオコンはファシズムのようなものです!なんて言ってる人もいます。

    ネオコンに関しては、中東問題を勉強しないとしっかりと理解できないようにも思います。
    私も中東問題はよくわかってません・・・。
    でも、陰謀論だぁ!と言われていた事が、どうやら本当の事らしいというのは
    な~んとなくわかりつつあるので、その辺りから調べてみようかなと思ってます。
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント

    管理者のみに表示

    トラックバック

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。