スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    きらめき2号 防衛省初の独自衛星

    産経ニュース
    防衛通信衛星の打ち上げ成功 種子島 陸海空の統制能力強化へ

     防衛省の通信衛星「きらめき2号」を搭載したH2Aロケット32号機が24日午後4時44分、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられた。衛星を予定の軌道に投入し、打ち上げは成功した。

     きらめき2号は防衛省初の独自衛星。自衛隊の各部隊の指揮・統制や情報共有に使う。現在利用している民間衛星に比べ高速・大容量の通信が可能で、災害対応やミサイル防衛などで陸海空の枠を超えて統制能力を強化する。

     インド洋上空の静止軌道で3月から運用し、南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に参加する部隊などによる活用を目指す。運用期間は約15年。開発費と打ち上げ費用は、海外で来年打ち上げる1号と合わせて計約1300億円。

     H2Aは26回連続の成功で、成功率を96・8%に高め信頼性を向上させた。


    先日の小型ロケットの打ち上げが失敗したので、ちょっとドキドキしてたのですが
    打ち上げ成功で、また成功率が上がりましたね。H2Aは安定の成功率となっています。
    そして、きらめき2号、防衛省の独自衛星って、もう隠しもしないで堂々と言っちゃってます。
    なんか防衛省っぽくないネーミングが、個人的にはとても気に入ってるんですよね。
    海外でもう1基打ち上げるようですが、これも色々と役割がありそうですね。

    「ひまわり」をはじめ「きく」「だいち」など人工衛星は大活躍しているので
    「きらめき」の働きにも期待したいですね。楽しみです。

    --------------------------------

    先日、ネオコンの事を少しお伝えしたのですが
    その前にポリコレの定義をおさらいしておこうと思います。
    まぁ、wikiに書いてある事のコピペなんですけど 笑

    ポリティカル・コレクトネス(英: political correctness、略称:PC)とは、政治的・社会的に公正・公平・中立的で、なおかつ差別・偏見が含まれていない言葉や用語のことで、職業・性別・文化・人種・民族・宗教・ハンディキャップ・年齢・婚姻状況などに基づく差別・偏見を防ぐ目的の表現を指す。

    1980年代に多民族国家アメリカ合衆国で始まった、「用語における差別・偏見を取り除くために、政治的な観点から見て正しい用語を使う」という意味で使われる言い回しである。「偏った用語を追放し、中立的な表現を使用しよう」という運動だけでなく、差別是正に関する活動全体を指すこともある。

    この運動は日本語など英語以外の言語にも持ち込まれ、いくつかの用語が置き換えられ、言い換えられたが、しばしば伝統的な文化や概念と対立する。


    なんか、文章だと小難しいのですが、具体例を見るとよくわかります。

    ↑このあたりが、ポリティカル・コレクトネスの概念に沿って変更された用語ですね。
    これを見たら、ポリティカル・コレクトネスの概念や定義がわかると思います。
    これって在特会は関係ないですよね・・・?

    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント

    管理者のみに表示

    トラックバック

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。