スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    南北朝鮮の行方

    なんか、目まぐるしく情報が飛び交っているので
    その整理と自分の中で消化する方に時間がかかっています。

    そんな中で、私たちの考えの転換を迫られているかもしれない
    と思ったニュースがありました。

    先日もチャンネル桜の動画をご紹介した渡邊哲也さんなんですが
    この方、一歩二歩先の事を見てお話しされているようにも思います。








    渡邊さんよりも前に加瀬さんもこんな事おっしゃってました。
    zakzak夕刊フジ 加瀬英明 2016.12.14
    【日本を守る】米に働きかけ北朝鮮を核武装国家と認めさせるべき さし当たって最大の脅威

     北朝鮮が核兵器開発を進めてきたのは、「金一族体制を核なしに守れない」と確信しているからだ。日本や米国を「火の海」とすることは望んでいない。

     日本はトランプ新政権に働きかけて、まず北朝鮮を核武装国家として認めさせる。日米が北と交渉して、北の核弾頭数とミサイルの射程距離を制限するのと引き換えに、米朝平和条約と日朝国交を結び、日本は1965年の日韓国交樹立時のような経済協力を行う。

     ミサイルの射程は、九州から南北軍事境界線までが約500キロだから、それ以下とする。金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長以下、北の体制の安泰が保障されるから、大喜びして受けいれよう。拉致被害者全員が帰国して、朝鮮半島に平和秩序が確立される。


    ハッキリ言って、このニュースを見た時は「加瀬さん、どうしちゃったの?」と思いました。
    でも、何かあるんだろうと思って様子を見ていたら
    馬渕さんも↓こんな事おっしゃっていて
    ・遠くない将来に、北朝鮮主導で朝鮮半島が統一される。
    ・トランプ氏が登場するといきなり朴氏の糾弾が始まったので、
     今年は朝鮮半島統一の年となると考えている。

    余命さんが以前から「米軍は朝鮮半島から撤退する事が決まっている」
    と言及されていた事も合わせて考えると
    渡邊さんがツイッターで言っておられるような話が
    現実となりつつあるのかもしれない、と思わざるを得ないのです。

    そして、先日の虎8で青山さんが「僕が特使となって北朝鮮へ拉致問題の交渉に!」
    と最後に言い出されたので、「え~?」と思ったのですが
    どうして突然そんなことを言われたのか
    渡邊さんのツイートを見て納得してしまった次第です。

    今のところ、朝鮮半島を治められるのは、金正恩だけかもしれないです。
    でも、安全保障の戦略として、渡邉さんのお話は十分有り得ることだと頭でわかっても
    拉致問題をはじめとする戦後70年間の北朝鮮の悪行は、許せないですね。
    国民感情はどう抑えていくのでしょうか。それも知りたいです。

    ------------------------------------
    あと、渡邊さんは外患罪についても言及されています。
    これも私は一歩二歩先を見てお話しされていると思ってます。
    余命さんも「物事は前もってやっておかないとダメ」という事を言っておられましたよね。

    そしてアパの件
    zakzak夕刊フジ
    アパ書籍は「ホテルで保管」、大会組織委の撤去要請受け 札幌アジア大会

    結局、大会組織委員会からの要請で、大会期間中に限り、本はフロントで一時保管するらしいですね。
    アパホテル&リゾート札幌だけの措置でしょうから、事を丸く収めたという感じなんでしょうか。
    一連の騒動は連日TVでもバンバン流されて、大きな宣伝になりましたね。

    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント

    管理者のみに表示

    トラックバック

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。