スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    国民の思い

    国民の多くが立場は違えど
    椎木議員と同じ事を思ってるんじゃないかな と思います。
    こういう議員さんがもっと増えて欲しいし、応援したいですね。

    産経ニュース
    元教師の維新議員が民進党を一喝 「人の話は黙って聞きなさい!」

     7日午後の衆院予算委員会で質問に立った日本維新の会の椎木保氏は、山一証券勤務の後、茨城県内の公立小中学校の教員を経て国会議員に転職した異色の経歴を持つ。

     質問では「自民党の補完勢力といわれても構わない。われわれは国民のための政治がやりたい」と政治信条を唱えたが、与党寄りともとれる主張に他の野党はおもしろくなかった様子で、徐々にヤジが増していった。

     椎木氏は「外野がヤジを飛ばしてきますので…」と控えめに不規則発言を牽制していたものの、やがて我慢が限界に達したのか、「(大切なことは)国民にとってプラスなのかマイナスなのか。残念ながら民進党は決してプラスにはならない」と具体的な党名を挙げて反論を口にした。

     その上で、「教師が指導するのは『人の話は黙って聞きなさい』ということなんです!」とヤジの主たち一喝した。





    ↓記事中の発言からスタート↓ 安倍総理の答弁も含めて6分程度
    https://youtu.be/yFae-y8xNqU?t=12m49s

    椎木 総理のお気持ちがよくわかります
    一同 笑う
    総理 ありがとー!

    ↑この部分が個人的には面白かったです 笑

    ----------------------------------

    高須先生のツイッターは、面白いし、物の見方、考え方が
    とても参考になるので、よく見ているんですが
    桜井誠さんとも意見を交わされていたので、ちょっと長いけど紹介します。

    本当に中共や韓国は許せないし、桜井さんの言葉は国民の怒りを代弁しているとも言えますね。
    そして、高須先生の視点も素晴らしいですね。
    日本人としての戦い方を示唆されているようにも思います。

    他にも高須先生のツイートを見ていると
    一部、余命さんのおっしゃっているところと被る事があるので
    あぁ、やっぱり余命さんのおっしゃる方向に動いているんだなと
    思う事がしばしばありますね。
    そして、私も民族を一括りにして批判してはいけないと思いました。(反省)

    その他、気になったツイートです↓
    デモの内容は?が付くかもしれませんが、言論の自由を認めているのです。
    そして、あのデモにどれだけの警察官の導入があったことか。
    長野の中共デモの再来を警戒してカウンターに参加した人もたくさんいました。
    国家が言論の自由を認めているので職務を全うするために動いた人
    危機感を感じて動いた人など、たくさんの人が動いたのです。

    言葉そのものを取り上げるのではなく
    真意を汲み取らなければならないですね。
    言葉尻を取り上げる事は、神道の言う「言挙げ」に当たるんじゃないかと思うのです。

    これはハッキリ言って
    行動する保守の方々は、もう少し勉強していただきたい!と思いましたね 涙
    国を思う気持ちがとても強いし、何と言っても行動力が凄いので
    目先を変えるというか、少し視点を変える事ができれば
    中共とパヨクにとっては怖くて震え上がる存在になると思うのです。

    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント

    管理者のみに表示

    トラックバック

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。