スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    政府機関はFirefoxに対応すべき

    余命三年時事日記
    1544 2017/2/19アラカルト2

    CatmouseTail
    法務省入国管理局、オワタ・・・
    法務省入国管理局ホームページ異常挙動まとめ。
    ・リンク切れ多数
    ・サーバーのセキュリティ証明書が自己署名で偽造証明書
    入国管理局ホームページ: ttp://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyukan_index.html


    入国管理局が怪しい動きをしているのは、ご周知の通りなのですが
    法務省はじめ、政府機関のサイトがブラウザの一種であるFirefoxに対応していないようで
    Firefoxで閲覧している人は、画面が表示できず
    手続きが出来なくなってしまってるようです。
    そして、その事に関して「オレオレ証明書」などと揶揄されているようです。

    オレオレ証明書 なんて聞くと、オレオレ詐欺 を連想してしまって
    なんだか、政府機関が故意に認証詐欺っぽい事をしているんじゃないか
    なんて思ってしまいがちですが
    Firefoxに対応できていないだけの事だと思うのです。
    IEではできているようですし、確認はしていませんが
    Chromeは問題になっていないようなので、こちらもできているのでしょう。
    なので、むしろ、オレオレ証明書 なんて言ってること自体に
    私は悪意を感じてしまいます。

    日本では、IEのシェアーが非常に高く、Firefoxのシェアーは低いので
    軽視されているんじゃないかと思われます。
    (しかも、そのIEもWindows10になってからは、表面上はEdgeなるのもに変わってしまって
    訳がわからなくなっているようにも思います。)
    しかし、世界的に見ると、IE、Chrome、Firefoxは
    三大ブラウザと言っても過言ではありません。
    なので、今のところは、政府機関も、この3つのブラウザには
    きちんと対応すべきではないかと思います。

    国の機関のトップでもある政府機関がこんな調子なので
    宇治市議会議事録の検索システムも、IEだけ動いてEdge、Chorme、Firefoxでは動かない
    なんて事にもなっているのでしょうね・・・。

    ---------------------

    私がブログを更新しない間、他ブログで止まっている事があります。
    私の自意識過剰なんだろうなぁと思いつつ、注視しています。
    さて、どうなることやら。

    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント

    管理者のみに表示

    トラックバック

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。