スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    テロ等準備罪について

    テロ等準備罪の閣議決定は、当初3月10日と言われていましたが
    今月後半以降になる予定とNHKが伝えています。
    NHK
    自民 テロ等準備罪法案に「テロリズム集団」の文言追加で了承

    自民党の法務部会は「共謀罪」の構成要件を厳しくして、「テロ等準備罪」を新設する法案について、条文の処罰の対象に「テロリズム集団」という文言を加えたうえで了承しました。法案の閣議決定は、自民・公明両党の党内手続きを経て、今月後半になる見通しです。

    テロ等準備罪を新設する法案をめぐっては、「組織的犯罪集団」が重大な犯罪を計画し、メンバーの誰かが犯罪の準備行為を行った場合に、計画に合意した全員を処罰するなどとした原案が示され、与党が法案審査を行っています。

    8日の自民党の法務部会では、原案の条文の処罰の対象に「テロリズム集団」という文言を加える案について、7日に引き続き、議論が行われ、出席者から「法案が閣議決定されれば、国会でより詳細な説明を求められるので、政府は十分な用意をすべきだ」といった指摘は出されたものの、法案に反対する意見は出されず、了承されました。

    一方、公明党の法務部会などの合同会議は法案をめぐって、今後、有識者からヒアリングするなど、十分な議論を行う方針で、法案の閣議決定は今月後半になる見通しです。

    やはり、公明党が足を引っ張りますね。
    ただ、余命さんは以前に公明党に骨抜きにされるともおっしゃってました。

    余命三年時事日記
    1516 第四次告発報告

     2016年6月国際会議FATFにおいてテロリスト国家と認定されかねない状況に陥り、テロ対策三法を成立させたが、本丸の共謀罪は先送りされた。しかし、その後、特定秘密保護法の施行、マイナンバー法の改正施行を経て、これは今国会で成立の見込みである。
     この共謀罪については公明党によって骨抜きされるのは確実だが、基本法が成立すればあとは政令でどうにでもなる。まあ、共謀罪法があろうがなかろうが、すでにテロ3法によって国際テロリストに関する国連安保理委員会のスライド指定が可能となっており、その指定公告も、従来の公告、聴聞とは比較にならないほど簡便化されている。指定された者の意向は無視され指定されれば終わりとなる。
     このスライド指定の対象となるのは広域指定在日暴力団幹部および組員であるが、入管特例法でも外患や反乱の罪は除外されており、対象者は国籍国に強制送還の対象となる。
    オバマは及び腰であったが、共和党トランプ大統領となって北朝鮮制裁の最も有効なカードとして日米に認識の差はないから、一気に事態が動く可能性がある。
     安倍シナリオは中韓朝は押さえておいて、まず、国内の反日、在日勢力を駆逐することがベースであるから、その規模はともかく、ハードランディングになる可能性は高い。
     その際、在日が敵国側につくのは当然として、駆逐には国内売国奴をはっきりとあぶり出しておく必要がある。今般の入管通報と第四次告発にはそういう狙いがある。
     そのため、対象範囲が広く、告発状に添付する資料も、伏見事案ではブログ、ツイッター、ID等、A4サイズで200ページを超えるデータとなっている。


    政令でどうにでもなる とまでおっしゃってるくらいなのに
    なぜ、共謀罪=テロ等準備罪 が必要なのかは
    法務省サイトの中の資料に明記されています。

    法務省サイト 共謀罪に関する主要国の法制度

    共謀罪等の創設を求めている国際組織犯罪防止条約は,
    既に120か国によって締結されており,欧米先進国でも既に共謀罪等が設けられています。
    我が国も,法案の「組織的な犯罪の共謀罪」を設けることによって,
    これらの国々と足並みを揃え,国際社会と協調して重大な組織犯罪から
    国民をより良く守ることができることになります。
    国民の方々が不安に思うようなことは全くありません。

    余命読者のみなさんには釈迦に説法なのですが
    私の復習の為に調べました。すみません!

    要は言い方は悪いのですが、骨抜きにされてしまっても成立すれば先に進めるので
    テロ等準備罪に反対しているパヨクは、テロ等準備罪の次に来るものを
    非常に恐れているという事でもあるようです。

    そして、まずは何よりも国内のお掃除が大切で
    お掃除の際にゴミがきちんと片付けられるように
    前もって分別しておかなくてはならないので
    入管通報と第四次告発が大事なんだという事ですね。

    『そのため、対象範囲が広く、告発状に添付する資料も、
    伏見事案ではブログ、ツイッター、ID等、A4サイズで200ページを超えるデータとなっている。』
    ・・・・・なるほど、改めて納得です。
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント

    管理者のみに表示

    トラックバック

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。