スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    春季皇霊祭

    20日は春分の日 春季皇霊祭 でした。

    皇霊祭(こうれいさい)は、歴代の天皇・皇后・皇親の霊を祭る儀式で、宮中祭祀のひとつ。大祭。

    毎年2回、春分日に春季皇霊祭(しゅんきこうれいさい)、秋分日に秋季皇霊祭(しゅうきこうれいさい)が斎行される。

    元々この日はお彼岸であって、先祖を祭る日であった。またお彼岸に最も近い戊の日は、社日として氏子が氏神たる神社に参詣し、春は五穀豊穣を祈り、秋は実りある収穫に感謝する習わしがあった。古代中国では祖廟を祀る日であった。

    1878年(明治11年)にそれまでの歴代天皇や主たる皇族の忌日を春と秋に纏め奉祀した。1908年(明治41年)9月19日制定の「皇室祭祀令」では春季皇霊祭・秋季皇霊祭ともに大祭に指定。同法は1947年(昭和22年)5月2日に廃止されたが、1948年(昭和23年)以降も宮中では従来通りの春季皇霊祭・秋季皇霊祭が行われている。

    また、「年中祭日祝日ノ休暇日ヲ定ム」および「休日ニ関スル件」により、春季皇霊祭は1879年(明治12年)から1948年(昭和23年)まで、秋季皇霊祭は1878年(明治11年)から1947年(昭和22年)まで同名の祝祭日(休日)であった。以降も「国民の祝日に関する法律」により、それぞれ春分の日・秋分の日と改称されて国民の祝日となっている。

    wikiより


    お彼岸って、仏教の行事のように思ってしまいがちなのですが、宮中祭祀なんですね。
    だから国民の祝日となってる訳で、いわゆる旗日なんですね。

    うちは、先日にお墓参りを済ませていたため
    20日は久しぶりに繁華街へ買い物に出かけたのですが
    なんと、商店街通りは日の丸でいっぱいでした。
    元は老舗の呉服屋さんで、今はアパレルのテナントになっているお店では
    ビルの屋上に、もの凄く大きな日の丸が掲げられていました。
    呉服屋さんは旧来の日本の習慣を大事にされるのか
    車で移動する最中にあった呉服屋さん(こちらは昔ながらのお店)にも
    店先に大きな日の丸がありました。
    タクシーも日の丸をつけて走っている会社があって
    やっぱり、旗日に日の丸がたくさんあるのはいいですね。
    20日はお天気も良くて、とても晴れやかな気分で過ごせた一日でした。

    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント

    管理者のみに表示

    トラックバック

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。